H1

  • SWD-CL10 クロックジェネレーター
  • SWD-CT10 アップサンプリング機能付CDトランスポート
  • SWD-DA10 高機能USB D/Aコンバーター
  • SWD-DA20 高機能USB D/Aコンバーター
  • SWD-TA10 真空管バッファ付D級パワーアンプ
  • SWD-HA10 真空管バッファ付ヘッドホンアンプ

シリーズコンセプト

「SW Desktop-Audio シリーズ」は気軽にハイレゾ音源再生のできるハイレゾ入門機として企画された超小型ハイレゾ・オーディオ・コンポです。

様々なシチュエーションで本物のハイレゾ音源に触れていただく、それも入り口は気軽にスタートでき、その後少しずつアップグレードしていけるコンポーネント・タイプの良さと、できる限りリーズナブルにより質の高い音をご提供することをコンセプトに企画されました。

本シリーズは入門機とはいえ国内生産にこだわり、中級クラス以上のスペック(PCM384kHz,32bit/DSD11.2MHzに対応、CDのアップサンプリング化、外部クロック同期など)で 構成され、最先端のディジタル技術と長年当社が培ってきた高品位アナログ技術を融合し音づくりにこだわっていますので、アップグレードにも十二分に対応できます。

また、PCサイド、書斎・本棚などで気軽にお聞きいただくことを想定し、超小型サイズを実現。縦置き・横置きにも対応し、更に貴方がつくるオリジナルフロントパネルに差し替えられたり、様々な遊び心がふんだんに埋め込まれています。

貴方の書斎でレコーディングスタジオレベルの音を創り出すお手伝いのできる「SW Desktop-Audio シリーズ」をお楽しみください。

特徴

ハイレゾ対応

今話題のハイレゾ音源に対応。USB DAC「SWD-DA20」の基本スペックとして、リニアPCM:~384kHz,32bit、DSD:2.8M~11.2MHzまでなど、現在一般的に入手できるハイレゾ音源再生に対応しています。更に、CDトランスポート「SWD-CT10」では、お手持ちのCDを、PCM192KHzにまでアップサンプリングできるなど、ハイレゾサウンドをふんだんに楽しめます。

ディジタルの最先端技術とアナログの極み「真空管」の融合

ハイレゾ対応などの最先端ディジタルオーディオ技術と、アナログ技術の極み「真空管」を本シリーズの中に同居させました。技術的にはノイズ問題などとても難しい壁を乗り越え、デジタル・アナログの良いところを融合させています。

オーディオコンポのカタチと今後の発展

昔ながらのオーディオコンポのカタチを再現。一つひとつの機器をそれぞれの使い勝手に合わせて買い足し、少しずつグレードアップしていく。これぞ趣味の世界の醍醐味です。

ハイレゾ入門機として、とりあえず試してみたい方にはPCと「SWD-DA20」+ヘッドホンでハイレゾ体験・・・お手持ちのCDコレクションをハイレゾ化してお聞きになりたい方は、「SWD-DA20」と「SWD-CT10」で、CD再生品位を異次元に・・・さらなる音質向上を図りたい方は「SWD-CL10」を追加して高精細クロックで同期動作させることも可能です。また、SWD-TA10を追加することで、ハイレゾの音に真空管があいまって、独特な音の世界を創りこんでいく・・・など、より良い音を追及したい方に、本シリーズをご提案いたします。

場所をとらない超小型サイズ

アナログオーディオの世界では、大きくて重いことが良い音の勲章だった時代がありました。それが正しい選択だとしても、気軽に良い音を聞くためには高い敷居となってしまいます。そこで今回、シリーズ全機種を同サイズ【W146mm×H40mm×D165mm(突起部分含まず)】に納め、PCサイドや本棚に置いてもほとんど邪魔にならない超小型サイズに仕立て上げました。

遊び心

標準に付属する縦置き用・横置き用前面パネルシートを交換することで、使い勝手や見た目においても横置き/縦置きに対応します。更に、ご自分でお好きな絵柄やイラストなどをフロントパネルに装着できるよう工夫が凝らされています。

活用方法

Ⅰ ハイレゾ音源を試してみたいという方は…

使用機器:SWD-DA10又はDA20
PCからUSBを経由してハイレゾ音源を送り出します。
(PCの設定はマニュアルを参照)
・PCM ~384kHz,32bit(DA10は~192kHz,32bitに対応)
・DSD2.8M,5.6M,11.2MHz(DSD11.2MHzはDA20のみ対応)
DA10又はDA20で受けたハイレゾ音源は、本体内で高精細にデジタルからアナログ信号には変換され、アナログ音声信号(Line OUT or Headphone OUT)として出力されます。

Ⅱ ハイレゾ音源を真面目に聞いてみたいという方は…

使用機器:SWD-DA10又はDA20,SWD-TA10
ハイレゾ音源の特徴として、高精細で帯域幅が広く、レスポンスが高い傾向があります。
このような特徴を十分に再生できるスピーカー、ヘッドホンをご用意ください。
DA10又はDA20のヘッドホン端子は高級ヘッドホンアンプICによる出力、TA10のヘッドホン端子は真空管+D級アンプの出力となります。
二つの音色の違いをお楽しみいただけます。

Ⅲ CDをより高精細な音で聞いてみたいという方は…

使用機器:SWD-CT10,SWD-DA10又はDA20,SWD-CL10
CT10とDA10又はDA20の組み合わせで、CD(44.1kHz/16bit)音源を44.1kHz~192kHzにアップサンプリングして高精細な音楽を楽しめます。
さらに、この2機種とCL10/クロックジェネレーターでクロック同期させると、ハイエンドの音を追及できます。
CT10単体でアップサンプリング機能がありますので、PCMハイレゾ音源を受けられる、より高級な市販DACに接続することも可能です。

Ⅳ フル機能を自分のデスクトップで楽しみたいという方は…

使用機器:SWD-CT10,SWD-DA10又はDA20,SWD-CL10,SWD-TA10
真空管から出力されたLINE OUTが得られます。
Ⅰ~Ⅲの機能全てを実現!沢山あるCDコレクションをより高品位に楽しんだり、真空管アンプの暖かく潤いのある音と、ハイレゾ音源の高精細、広帯域の音をデスクトップ上で再現できます。
CT10とDA10又はDA20それぞれの外部クロック入力端子とCL10とを接続して高精度なクロックで同期させることで、更なる音質向上が図れます。

フォト・ギャラリー

ユーザー・サポート