SW Desktop-Audioシリーズ SWD-HA10

SW Desktop-Audioシリーズのコンパクトな筐体サイズにおいて、十分な音量を実現する事はもちろん、音づくりにもこだわりを持って追及したい。

当社は「SWD-TA10/真空管バッファ付D級パワーアンプ」を開発するにあたって、そんな思いを実現する為に、省スペースでパワーの得られるD級アンプと暖かく芳醇なアナログオーディオの感性をもたらす真空管とのハイブリッド構成を選択しました。

ディジタルとアナログという当社の新旧技術を融合させた「SWD-TA10」は、パッシブスピーカーはもちろん、アクティブスピーカーやヘッドホンとの接続など、様々な構成でお楽しみいただけるように設計されています。

一方でヘッドホンメーカーでもある当社には、この音をより多くのヘッドホンでお楽しみいただけるものを作りたいという思いがありました。

「SWD-HA10」はそんな思いから作りあげた、ヘッドホンアンプです。

バランス(XLR)/アンバランス(Φ6.3mm標準)各1系統のヘッドホン出力を備え、様々なヘッドホンで真空管の醸し出す暖かく芳醇な再生音をお楽しみいただけます。

製品の特徴

暖かく芳醇な真空管の音

小さな筐体で十分な音量を実現しながら、再生音にもこだわりをもった製品にしたい。そんな思いから当社は、D級アンプ+真空管というディジタルとアナログのハイブリッド構成を採用して、「パワーアンプ/SWD-TA10」を作り上げました。
そこで出来上がったのは、ディジタルアンプだけでは表現できない、真空管の持つ独特な暖かい再生音でした。
この音をヘッドホンでも存分に楽しめるアンプを作るべく、ヘッドホンメーカーでもある当社が培ってきた技術やノウハウを注ぎ込んで、本機SWD-HA10を作り上げました。

様々なヘッドホンに対応

楽曲やジャンル、その日の気分によってヘッドホンを使い分ける。そんな方も珍しくないほど、ヘッドホンは嗜好品として定着してきました。
本機では限られた筐体サイズの中で、出来る限り様々なヘッドホンでそれぞれの音の違いをお楽しみいただけるよう、バランス(XLR)、アンバランス(Φ6.3mm)という2種類のヘッドホン出力端子を搭載しました。
お手持ちのヘッドホンコレクションを心ゆくまでお楽しみください。

利便性を考慮

本機のリアパネルには、アナログ出力端子を1系統設けてあります。これは、アナログ入力端子から入力されたLINE入力信号をスルー出力する構成になっています。
例えば、お使いのD/Aコンバーターにアナログ出力端子が1系統しかない場合に、D/Aコンバーター(SWD-DA20等)とパワーアンプ(SWD-TA10等)との間に本機を挟むことで、D/Aコンバーターから出力されるアナログ信号を本機とパワーアンプの両方で受けることが可能になります。
気分やシチュエーションによってヘッドホンとスピーカーを使い分けたいという場合にも、その度にケーブルを接続し直す必要がなく、お気軽に音楽をお楽しみいただけます。
現在お使いの環境にSWD-HA10を追加して、ヘッドホンでの音楽鑑賞を快適にお楽しみください。

フォト・ギャラリー

ユーザー・サポート

仕様

使用真空管 12AU7×1本
アナログ入力 端子:RCAピンジャック
定格入力:+4dBm
PARA出力:パラレル出力(LINE入力信号をスルー)
ヘッドホン出力 バランス出力端子:XLR メス LR
アンバランス出力端子:Φ6.3mmステレオ標準ジャック
出力切替:LOW/HIGH 2段階
最大出力:100mW×2(40Ω負荷時)
     40mW×2(300Ω負荷時)
周波数特性:10Hz~50kHz
推奨ヘッドホン:インピーダンス 30Ω~300Ω
電源 DC15V(ACアダプター)
本体サイズ、重量 約W146mm×H40mm×D165mm(突起物含まず)、約0.85kg
価格 50,000円+消費税(メーカー標準価格)
付属品 ACアダプター×1、ACコード×1、六角レンチ×1、縦置用パネルシート×1、
保護クッション×4、取扱説明書×1、保証書×1