SW Desktop-Audioシリーズ SWD-CT10

お手持ちのCDコレクションをもう一度聞き直したくなる。そんなCDプレイヤーをつくりたい。それも比較的安価にご提供できたら素敵な音楽ライフが楽しめるはず・・・

それを実現するために、我々はCDトランスポートという選択をしました。

ハイエンドのCDプレイヤーは、CDに埋め込まれた情報を余すところなく拾い上げ、その情報を質の高いアナログ信号に変換するというプロセスを行ないます。それならば、我々には質の高いDAC「SWD-DA10」があるのだから、CDに埋め込まれた情報を余すところなく拾い上げてデジタル信号のままDACに受け渡してあげればいい。これがCDトランスポートを選択した理由です。

更にCDが持っているデータ量をアップサンプリングによって何倍かに成型しせば、ワンランク上の音楽を奏でることができるはず。そんな発想でCDトランスポートにアップサンプリング回路を追加しました。

いまや数千円でCDプレイヤーが買える時代だからこそ本物をご提供したい。「SWD-CT10」はそんな思いの中から開発された他に類を見ない一品です。

製品の特徴

CDトランスポートというご提案

CDトランスポートというと一般の方には縁遠いコンポのように思われますが、本機「SWD-CT10」は比較的安価にCDの持つデータを余すところなくディジタル信号として出力し、ディジタルオーディオの中心コンポDACに受け渡します。
安定した回転数の得られる日本メーカー製高級CDメカを採用し、光出力、同軸出力からCDの持つデータを安定的に高精度に出力します。その恩恵は間違いなく良い音楽へとつながっていきます。

アップサンプリングの妙味

アップサンプリング機能によって、CDのサンプリングレート(44.1kHz,16bit)よりも更に高密度な音源データとしての出力(PCMディジタル出力:任意の周波数を選択(~192KHzまで))が可能です。このアップサンプリング回路によってCDのハイレゾ化が実現します。

外部クロックによる同期の誘い

本機ではCDトランスポートでは珍しく外部クロックによる動作に対応しています。これにより他ディジタル機器とのクロック同期がとれます。例えば本機CDと「SWD-DA10」DACとで高精度なクロックによる同期動作をさせることができ、ワンランク上の音の世界を楽しむことができるのです。(尚、外部クロックは別途ご購入ください。)

フォト・ギャラリー

ユーザー・サポート

仕様

出力 ディジタル出力(COAXIAL/OPTICAL)
操作 <CD操作>
REW SKIP/SEARCH、STOP/EJECT、PLAY/PAUSE、FWD SKIP/SEARCH
<MODE切替>
1曲/全曲リピート、ランダム、ランダムリピート、モード切
<サンプルレート切替>
44.1k、48k、88.2k、96k、176.4k、192kHz
表示 再生トラック番号表示、再生モード表示、サンプルレート表示(外部ク ロック検出、非検出)他
外部クロック入力:75ΩBNCコネクタ
ワードクロック(44.1k~192kHz)~外部クロック同期動作が可能
(外部クロック同期時の出力サンプリングレートは外部クロックと同周波数にて変換)
電源 DC12V(ACアダプター)
サイズ W146mm×H40mm×D165mm(突起物含まず)
価格 55,000円+消費税(メーカー標準価格)
付属品 六角レンチ、縦置用パネルシート、ゴム足、取扱説明書